遺産 相続 配偶 者

  • 離婚調停

    配偶からDVを受けており、離婚したいが、とても離婚について話し合いを進めることができる状況にない。離婚を検討している方で、このようなお悩みを持ちの方は、数多くいらっしゃいます。このページでは、離婚にまつわる数多くのテーマのなかでも、離婚調停についてスポットライトをあててくわしくご説明してまいります。 ■離婚調...

  • 離婚が認められる理由とは

    協議離婚は、夫婦が合意により役所に離婚届を提出して成立させる離婚の方法で、第三機関が間に入ることはありません。調停離婚は、離婚調停が行われ、その中で離婚についての主張をしあい、最終的に合意形成がなされると離婚が成立します。裁判離婚は、訴訟を起こし、家庭裁判所の判決として離婚を成立させるものです。このうち、裁判離...

  • 債務整理

    債務整理の方法としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つが一般的に挙げられ、いずれの方法によって債務整理をすべきかは、依頼の借入状況や、年収、保有している財産・資産など様々な事情を考慮して判断されます。このような判断は、法令・裁判例に関する知識や、実務経験が不十分な方だと難しいため、債務整理に強い弁...

  • 交通事故

    「過失割合について、加害側の主張と折り合いがつかない。保険会社を相手に有利に交渉をすすめていくにはどうすればよいだろうか。交通事故に関して、このようなお悩みをお持ちの方は、数多くいらっしゃいます。このページでは、さまざまな法律問題に関するトラブルのなかでも、交通事故問題についてスポットライトをあて、詳しくご説明...

  • 労働問題

    また、労働トラブルを解決するため、使用との示談交渉を行う事がありますが、紛争当事では冷静な話し合いができず、あるいは足下を見られて対等な立場での交渉ができない恐れもあります。そこで、労働問題でお悩みの際は弁護士に依頼することをおすすめします。 労働問題に精通した弁護士であれば、多くの解決実績を活かし、最新の裁...

  • 介護・医療事故を弁護士に相談するメリット

    介護・医療事故は、介護施設や医療現場といった第三の目が届きにくい場所で生じることがほとんどで、被害側に有利な証人が現れることは期待できません。また介護記録やカルテ等の証拠類のほとんどは、介護施設や病院が保有しているケースがほとんどであるため、被害側の主張を基礎付ける証拠の確保は困難です。さらには、訴訟を進め...

  • 医療過誤が認められるケースとは

    過失は、そのに課せられる注意義務に違反することによって、認められます。医師などの医療従事は、患の生命身体に直接影響のある行為を行う以上、医師等には高度な注意義務が要求されます。また、ケースとしてはかなり稀ですが、医師等が患を殺害・傷害するために、わざと手術に失敗した場合などでは、病院側に故意が認められます...

  • 医療過誤の訴訟について

    病院が医療過誤を起こすと、病院側は法的責任として民事上の責任、刑事上の責任、行政上の責任を負うことになりますが、医療事故の被害やその家族が病院側に責任追及するケースでは、一般的には民事上の責任、すなわち病院側に対する損害賠償責任を追及することになります。 損害賠償請求の法的な根拠は、医療過誤訴訟では、債務不履行...

  • 医療事故と医療過誤の違いとは

    「医療事故」とは、医療行為に関連して患の身体に予想に反した悪しき結果(「有害事象」といいます)が発生することをいい、簡単に言えば、医療に関わる場所で、医療の全過程において発生する人身事故を意味します。医療従事の過失の有無を問いません。 他方で、「医療過誤」とは、医療従事が、医療の遂行において医療準則に違反し...

  • 介護事故で損害賠償が認められるケース

    ①のうち、「故意」とは、わざと危害が及ぶようなことをしたり、危害が及んでもよいと考えたりすることをいい、例えば、職員が被介護に対して虐待を行った場合は、故意が認められます。「過失」とは、職員が守るべき注意義務に違反することをいい、例えば、職員が注意を怠って、他の人の薬を被介護に誤って配り、服用してしまった場合...

  • 介護施設で起こる事故とは

    高齢は嚥下能力(ものを飲み込む力)が衰えているため、このような事故が発生しやすいとされています。■徘徊・無断外出施設内外で徘徊したり無断外出したりすることで、行方不明や負傷、最悪の場合死亡してしまう事故です。■誤薬施設の職員が被介護に、対象や回数、量、時間帯を誤って薬を配ったり、被介護自身が他人の薬を取っ...

  • 離婚相談を弁護士に相談するメリット

    当事務所は、お客様のご希望に沿った事件の解決方針を検討し、依頼一人一人のためのリーガルサービスを提供します。「養育費について離婚協議書に記載したい」「別居中だが離婚の条件を決めたい」など、離婚問題でお悩みの際は、菅野法律事務所までご相談ください。

  • 親権を認められるには

    子どもがいる夫婦が離婚する場合には、どちらか一方が親権となる必要があります。では、夫婦がそれぞれ親権となりたいと考え、対立した場合には、どちらが親権として認められることになるのでしょうか。親権として認められるうえで、最も重視されるのは、こどもの環境にどのような変化があるのかといったことです。子どもにとって...

  • 面会交流と養育費について

    調停中も子どもの親権が決まった後に、面会交流について論点となるという流れが多い傾向にあります。「あの夫(妻)に離婚してからも子どもを会わせるなんて、とても考えられない!」と思われる方も中にはいらっしゃいますが、面会交流を一切無くすことで無理やり子どもに会おうとするケースも想定されますので、しっかりと離婚前に面会...

  • 離婚裁判

    当事務所は、お客様のご希望に沿った事件の解決方針を検討し、依頼一人一人のためのリーガルサービスを提供します。「養育費について離婚協議書に記載したい」「別居中だが離婚の条件を決めたい」など、離婚問題でお悩みの際は、菅野法律事務所までご相談ください。

  • 協議離婚

    夫婦がお互いに合意さえすればよいので、慰謝料の金額や財産分与についても、両で自由に決めることができます。また、第三機関を利用しない離婚の方法なので、離婚にかける費用を抑えることもできます。 ■協議離婚のデメリット協議離婚には、デメリットも存在します。たとえば、離婚協議で決めた内容が実際には行われなかったり、正...

当事務所が提供する基礎知識Basic Knowledge

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawyer

菅野 澄人弁護士の写真

弁護士

菅野 澄人/かんの すみと

  • 所属
    • 東京弁護士会
    • 東京弁護士会災害対策・東日本大震災等復興支援委員会
    • 日本マンション学会
    • 特定非営利活動法人 日本・インドネシア医療連携協会 理事
  • 略歴
    • 中央大学理工学部卒業
    • 中央大学大学院法務研究科修了

事務所概要Office

事務所名 菅野法律事務所
代表者名 菅野澄人
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-10 エビサワビル3階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-6273-2980 / FAX:03-6273-2981
対応時間 平日:9:00~21:00/土日祝 9:00~20:00
初回法律相談料 無料