調停不成立 訴訟

  • 離婚裁判

    「離婚調停を何度も行っているが、全て調停不成立に終わっている。離婚訴訟をしたいが、どのように進めるべきだろうか。「DVを受けているので、どうしても離婚したいが、裁判になると費用や時間が心配だ。離婚の最終手段である離婚裁判について、このようにお悩みの方は数多くいらっしゃいます。このページでは、数ある離婚についてのテ...

  • 離婚調停

    したがって、どちらかが途中から離婚調停を欠席したり、意見が平行線で調停委員会がこれ以上調停を進めても無意味であると判断したりした場合には、調停不成立となります。調停不成立となったときには、再度調停を行うことも可能ですし、民法代770条に定められた離婚に理由を満たしていれば、家庭裁判所に離婚訴訟を起こすことも可能で...

  • 労働問題

    弁護士であれば示談交渉から訴訟までトータルサポートを行うことができ、依頼者の希望に沿った解決が期待できます。菅野法律事務所は、新宿区、杉並区、渋谷区、目黒区をはじめ、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の労働問題に関する様々な法律相談を承っております。当事務所は、お客様のご希望に沿った事件の解決方針を検討し、依頼者一...

  • 介護・医療事故を弁護士に相談するメリット

    さらには、訴訟を進めるに当たって、高度な専門的知識を要することが多く、介護訴訟や医療訴訟に慣れていない方だと、スムーズに手続きを進めることは非常に難しいといえます。 介護・医療事故を得意とする弁護士に相談すれば、このような特殊な点をしっかり理解し、それに応じた適切な対応を行うことが出来ます。例えば、カルテ等の証拠...

  • 医療過誤が認められるケースとは

    医療過誤訴訟では、①病院側の故意・過失、②病院側の過失行為等と損害との間の因果関係、③損害の範囲の3つが中心的に問題となります。「医療過誤があった」と判断されて損害賠償請求が認められるためには、この3つが認定されなければなりません。 ①病院側の故意・過失過失は、その者に課せられる注意義務に違反することによって、認...

  • 医療過誤の訴訟について

    医療過誤が発生して損害を被った場合は、訴訟を提起して、病院側に責任を追及していきます。病院が医療過誤を起こすと、病院側は法的責任として民事上の責任、刑事上の責任、行政上の責任を負うことになりますが、医療事故の被害者やその家族が病院側に責任追及するケースでは、一般的には民事上の責任、すなわち病院側に対する損害賠償責...

  • 離婚が認められる理由とは

    裁判離婚は、訴訟を起こし、家庭裁判所の判決として離婚を成立させるものです。このうち、裁判離婚だけは、離婚の理由が問題となります。 ■離婚が認められる理由とは離婚が認められる理由とは、民法第770条に規定されている理由をさします。『民法第770条夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。...

当事務所が提供する基礎知識Basic Knowledge

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawyer

菅野 澄人弁護士の写真

弁護士

菅野 澄人/かんの すみと

  • 所属
    • 東京弁護士会
    • 東京弁護士会災害対策・東日本大震災等復興支援委員会
    • 日本マンション学会
    • 特定非営利活動法人 日本・インドネシア医療連携協会 理事
  • 略歴
    • 中央大学理工学部卒業
    • 中央大学大学院法務研究科修了

事務所概要Office

事務所名 菅野法律事務所
代表者名 菅野澄人
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-10 エビサワビル3階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-6273-2980 / FAX:03-6273-2981
対応時間 平日:9:00~21:00/土日祝 9:00~20:00
初回法律相談料 無料