財産 評価 土地

  • 医療過誤が認められるケースとは

    そしてその損害は、金銭的に評価できなくてはなりません。例えば、医療過誤により、患者が死亡した場合、死亡しなければ働いて稼げたであろう給料が損害として評価されます。また、片足に麻痺が残り、労働能力が低下した場合、労働能力が低下していなければ稼げたであろう給料が損害として評価されます。このような財産的な損害だけでなく...

  • 債務整理

    債務整理の方法としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つが一般的に挙げられ、いずれの方法によって債務整理をすべきかは、依頼者の借入状況や、年収、保有している財産・資産など様々な事情を考慮して判断されます。このような判断は、法令・裁判例に関する知識や、実務経験が不十分な方だと難しいため、債務整理に強い弁...

  • 介護事故で損害賠償が認められるケース

    ③とは、職員などの過失行為等によって、どれほどの損害が生じたのかを金銭的に評価することです。例えば、職員の過失で被介護者がケガをした場合には、治療費や慰謝料などが損害として評価されることになります。 菅野法律事務所は、新宿区、杉並区、渋谷区、目黒区をはじめ、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の介護・医療事故に関する...

  • 離婚相談を弁護士に相談するメリット

    財産分与に関する問題・別居期間中の生活費である婚姻費用に関する問題これらはあくまで一例ですが、こうした問題について対立があるために、スムーズに離婚できないような状態になっていたり、離婚後に紛争が起きていたりするのです。 ■離婚について弁護士に相談するメリット先ほど挙げたように、離婚についてのトラブルは、ご夫婦に...

  • 離婚裁判

    たとえば、子どもの親権や養育費、面会交流、慰謝料、財産分与などです。 ■離婚裁判のデメリット離婚裁判は、多くの時間と費用がかかります。そもそも離婚訴訟を起こすためには、民法第770条に定められた離婚の理由のいずれか一つには当てはまっており、かつ、離婚調停を少なくとも一度経ている必要があります。こうしたことから、訴...

  • 離婚調停

    また、調停委員は専門家ですので、財産分与や面会交流、養育費、婚姻費用分担請求などについての意見も聞くことができます。調停委員会が間に入ることで、円満調停で終わるケースも数多くあるのです。 ■離婚調停のデメリット離婚調停は、当事者に対して強制力を持ったものではなく、あくまで離婚するのは当事者の意思によるものです。

  • 協議離婚

    夫婦がお互いに合意さえすればよいので、慰謝料の金額や財産分与についても、両者で自由に決めることができます。また、第三者機関を利用しない離婚の方法なので、離婚にかける費用を抑えることもできます。 ■協議離婚のデメリット協議離婚には、デメリットも存在します。たとえば、離婚協議で決めた内容が実際には行われなかったり、正...

当事務所が提供する基礎知識Basic Knowledge

よく検索されるキーワードSearch Keyword

弁護士紹介Lawyer

菅野 澄人弁護士の写真

弁護士

菅野 澄人/かんの すみと

  • 所属
    • 東京弁護士会
    • 東京弁護士会災害対策・東日本大震災等復興支援委員会
    • 日本マンション学会
    • 特定非営利活動法人 日本・インドネシア医療連携協会 理事
  • 略歴
    • 中央大学理工学部卒業
    • 中央大学大学院法務研究科修了

事務所概要Office

事務所名 菅野法律事務所
代表者名 菅野澄人
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-10-10 エビサワビル3階
電話番号 / FAX番号 TEL:03-6273-2980 / FAX:03-6273-2981
対応時間 平日:9:00~21:00/土日祝 9:00~20:00
初回法律相談料 無料